最悪の社会保障改革提言

健康ゴールド免許・勤労者皆保険… 小泉進次郎氏ら提言

自民党小泉進次郎・農林部会長ら若手議員が26日、2020年以降の社会保障改革のあり方について提言をまとめた。定期検診などで健康管理に努めた人を対象に、医療保険の自己負担を3割から2割に引き下げる「健康ゴールド免許」導入などの施策を打ち出した。

「人生100年時代の社会保障へ」と題した提言は、高齢化と人口減少が進む中、歳出を抑え、社会保障を維持させることに主眼を置いた。

企業に働く人が正規・非正規を問わず社会保険に加入できる「勤労者会社皆保険制度」の創設をうたった。年金の受給開始年齢の上限を現行の70歳からさらに引き上げ、働く高齢者にも保険料を納める側になってもらう「人生100年型年金」への移行を盛り込んだ。

解雇規制の緩和や、湿布薬やうがい薬の全額自己負担化などの施策も明記した。小泉氏は「一時的には痛みを伴う改革だとは思うが、ドイツでは財政健全化が達成され、欧州で盟主的な立ち位置を確立した。我々も見習う必要がある」と述べた。提言は27日の財政再建特命委員会で報告する。(藤原慎一) 朝日新聞デジタル 2016年10月27日05時07分

 

はっきり言いますが、本当に最悪の社会保障改革提言です。提言の全文を読みましたが、ただ社会保障費が増大するのを国民に負担させようということに尽きます。

社会保障費が増大し、今後保険料の負担を国民が受け入れざるをえないことは理解します。しかし、それだけで社会保障費増大を賄うことはできず、もっと根本的な問題を解決しなければ、無尽蔵に社会保険料が増えるだけです。

大体なんですか、「健康ゴールド免許」って?こういうキャッチーな言葉を人気のある政治家に発せて国民に根本的な問題を伝えようとしない姿勢を疑います。

健康管理をしていても病気になる人もいるし、今まで何もしないで健康だった人が病気になったら、定期検診を受けていなかったから保険料が高くなるのでしょうか。

提言には「人生100年型年金〜年金受給開始年齢の柔軟化〜」なんていうのもありますが、要は年金支給ができないので、支給開始年齢を70歳以上に引き上げると言うだけです。結局現在の年金制度が破綻しているわけです。制度を根本的に改めることなくごまかしですまそうとすることに嫌悪を覚えます。

他にも働き方を変えるため労働法制の改革、「勤労者会社皆保険制度」などありますが、皆さん本当に真剣に考えないと自分の首を締めますよ。「勤労者会社皆保険制度」は確かに正規と非正規で保険制度が違うのは問題があると思います。一方で中小零細企業が保険料負担できるのでしょうか。

一時的な痛みを伴っても必要な改革と言いますが、一生痛みを伴うことになると思います。

 

広告