年末調整関連

まだ今年の残りが2ヶ月半あるので事業主の皆様、従業員の方も年末調整についてはあまり関心がないかと思いますが、今年の年末調整からマイナンバー(MN)の記載が必要になります。

ただし、従業員の方が貰う源泉徴収票にはMNの記載はありません。なぜか。従業員の方の源泉徴収票にMNを記載してしまうと源泉徴収票を証明書として利用できなくなるためです。

例えば住宅ローンを利用するときなど源泉徴収票の提出があります。このときMNの記載があるとまずいのです。もちろん銀行側が管理すると流出などがあるためで、従業員側に不都合があるわけではないのですが。

また、今まで源泉徴収票はA6(A4用紙の1/4)でしたが、今年からA5サイズに変更になります。

他変更点として、被扶養配偶者及び被扶養者の年齢(生年月日)の記載も必要です。

今年の年末調整はちょっと面倒になるかもしれません。

まだマイナンバーを従業員から受け取っていない事業主の皆様はそろそろ準備を始めることをお勧め致します。